お薦めできるサイトを、逐次追加します。(2015年01月15日 現在)

* 紹介文は、管理者の独断と偏見で記載しております。
どうか気を悪くしないで下さい。ご希望により何時でも修正・削除をいたします。

東京都写真美術館

 名取洋之助、木村伊兵衛、土門拳、三木淳など国内外の著名な写真家の作品を所蔵し、随時公開している。また現代作家の個展も行なっている。


土門 拳 記念館

 日本初の写真専門の美術館で、土門拳の全作品を収蔵している。展示案内、行事案内が表示されるが、WEB上で作品を見る事が出来ないないのが残念。


植田正治写真美術館

 植田正治先生のモダンな写真が4つのセクションに分けて紹介されています。必見!


 MORIYAMA Daido   森山 大道 さん

 写真家・森山大道氏のオフィシャルサイト。同氏は中平卓馬等とPROVOKE(プロヴォーク=挑発発者の意)同人誌を創刊。報道写真的なもの、モダンフォトを目標にした「作品」などを否定、徹底した荒れ、ブレ、ボケの荒々しいイメージで挑発し、ラディカリズムを強烈に発揮した。


  Dear Mr. Bruno Zacke (ドイツ)

幅広いジャンルの作品が豊富


 萩 谷 茂 (Papa) さん

 「記憶の中から消えつつあるそんな、あの頃の感覚を留めて置くための記憶装置、それが写真」と言う萩谷さん。写真の素晴らしさは言うまでもないが、「DIARY」これも必見。社会問題、世相、日常生活、映画評など幅広い分野にわたり、微入った観察・洞察力で書き綴られた随筆風の一文は、心引かれる1ページである。合わせてご覧下さい。


 福嶋 吉人 さん

 優しい眼差しで切り取られた「そぞろ歩き」のスナップ群。ぶらりぶらり道草しながら、とりとめのない視点のうつろいで・・・・と言われるが、モノクロ写真の秀作集。


 阿部 和宏 さん

  路地裏や街角を徘徊して、「街」、「陽射し」、「気配」に拘り、寂れて行く街並みに漂う、光と影の強烈な世界を描く、阿部さんのページ


 (晴Haru) さん

 写歴50年のベテラン。ジャンルを問わずカラー、モノクローム作品を、クラシックカメラ・ギャラリー、デジタルカメラによるポスタリゼーションなどなど盛り沢山。


 モノクローム写真への誘い

 ぐるっぺ「偶」の主宰で、このページの管理者でもある田中正隆のサイト「モノクロームへの誘い」。
写真を始めて60年も経つと惰性に流れて小手先狙いの作品になると反省する日々とか。常にチャレンジ精神を持って、町や路地裏をうろうろとスナップして歩き、“カメラ散歩” “The pinup” “遠い記憶”などをモノクロームで発表している。



 当ホームページはリンクフリーです。上のロゴも自由にお使いください。
URL http://gruppe-guu.jp


 電脳画廊<写真サイトリンク集>・The Best Photo Links

多彩な写真サイトのリンク集で、必見です。


  フォトギャラリー 壹 燈 舎

写真家杉本征克さんが運営するフォトギャラリーで、モノクロ作品や若い作家を応援している。


 フォトギャラリー・ソラリス

ナダール大阪の閉館の後を、元マネージャーの橋本和さんが引き継いでオープンしたギャラリー。フォトギャラリーは勿論、写真教室、額装サービスなど幅広く運営している。


 Kobe 819 Gallery

神戸という街が放つ、フォトクリエイションを追求すると言うコンセプトで野元大意さんが運営するギャラリー



月刊カメラ雑誌「フォトコンテスト」のホームページ。リンク集には個人、クラブなどのURLが満載です。


 フォトサロン月光 

フォトギャラリーをはじめ、リンク集、イベント、写真展情報など写真を楽しむための情報がいっぱい。



カテゴリー別に整理された写真サイトのリンク集で、Excellent 投稿写真集も掲載されており楽しい。


 ツカモト カメラ

 カメラ、DP専門店のページです.


 コダック写真趣味

 コダックのユーザーサービスサイト。多数のゲストによるマンスリーフォトリレー、写真自慢大会、撮影地ガイド、甘口辛口で添削する甘辛写真塾などがある。




戻る